データをやり取りしやすい

CADを導入することで紙図面もデジタル化できます。データの持ち運びに物理的な制限がなく、専用のソフトさえ用意すれば誰でも使えるのが特徴です。データを簡単にやり取りできるため、社内での作業分担だけでなく社外との共同作業でも役立ちます。協力会社へデータを展開しやすくなり、プロジェクト業務の効率化にもつながるのが利点です。

データを簡単に修正できる

図面を手書きする場合、修正には書き直しが必要となります。CADはデジタルで書いていくため、一度作った図面も簡単に修正できるので便利です。既存のデータを流用することで、類似製品もスピーディーに設計できます。新規開発はもちろん、シリーズ強化やバージョンアップを行う際にも最適です。公開されているデータを活用すれば、設計時間も大幅に削減できます。

人為的なミスが発生しにくくなる

CADは設計をデジタル化しているので、計算ミスなどのトラブルも発生しにくくなります。コンピュータが解析を行うため、寸法の見間違えといった人為的なミスが起こる心配もありません。

設計業務の標準化につながる

図面を手書きすると、個人のスキルによって仕上がりに違いが出ます。CADはシステムを使って書くので、作図のスピードや品質に違いが出にくくなります。個人としてはもちろん、企業としてのノウハウも蓄積しやすいのが利点です。設計業務の標準化にもつながります。

品質を向上しコストも削減できる

CADを活用することで、品質の向上やコストの削減も期待できます。現場の生産性も上がりやすく、土木や建築、工業の分野では欠かせないシステムと言えるでしょう。

水道CADソフトは、一般的には使用する事はあまりありませんが、水道関係の会社に勤める方にとっては需要があります。