バケツの水を投入する

トイレの流れが悪くなり、流しても水位が上がり排水されないという症状が現れたときは、水が引いてからバケツの水を投入することで対処できることがあります。少し高めの位置から排水口にめがけて一気に流し入れると、水の圧力で詰まっていたトイレットペーパーなどが流され、すっきりと流すことができます。ただ、流した後に水が引かず水位が高いままで保っている場合は、バケツの水を投入してもあまり効果はありません。別の方法を試すのがよいでしょう。

ラバーカップを使って吸引

ラバーカップはトイレの詰まりを解消するアイテムで、どの家庭でも常備しているのではないでしょうか。ない場合は、ホームセンターなどで購入できるので持っておくと便利です。ラバーカップは水位が引かない状態のトイレの詰まりにも使用できます。使い方はとても簡単で、排水口にラバーカップを当ててスティック部分を使いスポスポと吸引します。つまりが取れたら、ゴボッという音がして水が一気に引いていくので爽快です。

重曹やお酢でつまりの原因を分解

トイレの頑固なつまりには、重曹やお酢でつまりの原因を分解するという方法も有効です。トイレが詰まってからというよりは、流れが悪くなってきたときに重曹とお酢を入れて一晩おいておくと、汚れ成分が分解されて流れやすくなります。投入量としては、重曹4分の1カップ、お酢2分の1カップが適量です。自分で対処してもつまりが解消されない場合は、トイレが破損したり、つまりを悪化させることもあるので無理に直そうとするのはやめましょう。速やかに業者に連絡し、適切な対処をしてもらうのが正解です。

トイレのつまりは素人が修理をしようとすると悪化させてしまう恐れがありますので専門家へ修理の依頼をする事が最適です。