光熱費の削減につながる

太陽光発電を導入すると、昼が高く夜が安い特別な電気料金プランを契約できるようになります。太陽光発電の電気を昼に使うことで、光熱費を削減できるのがメリットです。夜の電気も安いので一日を通して節約効果があります。

災害などの停電時も電気が使える

太陽光発電は自家発電に対応しており、災害などの停電時も電気が使えます。操作は自立運転に切り替えるだけなので簡単です。スマホの充電など、非常時に情報を得たいときにも活躍します。

電気が余っても売却できる

太陽光発電で余った電気は売却することもできます。一度決めた価格で10年間は売れるので、売電量を増やせば副収入も上がってお得です。売却先は各電力会社となります。

太陽光パネルの寿命が長い

太陽光パネルは頑丈に作られており、傷みや故障も発生しにくくなっています。定期的な清掃とメンテナンスさえ実施しておけば、20年以上は使い続けられるものです。パワーコンディショナーの耐用年数は10~15年と短めなので、長期的な運用では交換も必要になってきます。

元を取るまで7~8年はかかる

太陽光発電のデメリットとなってくるのが初期費用の高さです。年々下がってきていますが、元を取るには最低でも7~8年は運用しなければなりません。万が一故障が発生した場合には修理費用もかかるので注意が必要です。修理費用は火災保険などの損害保険でカバーできる場合もあるので、契約内容をしっかりチェックしておきましょう。ほとんどのメーカーが無料保証を10年と定めているため、それ以降は有料の保証へ入ることも検討してみて下さい。

夏が暑くてつらい名古屋では、エアコンの電気代もかさんでしまいます。太陽光発電を名古屋で取り付けて、夏の電気代対策をしましょう。